用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CD】

  • シーディー

 コンパクト・ディスクの略で、直径12センチまたは8センチのプラスチックの円盤にデジタル方式でデータを記録したもの。いろいろなCDがあって、主なものだけでも以下のような種類がある。

 音楽CD(CD-DA)
 CD-ROM
 ビデオCD
 CD-R
 CD-RW

 「音楽CD」以外は、クリックすると詳しく説明したページに移ることができるので必要に応じて見てほしい。また現在は、より大容量のDVDも普及している。

 音楽CDとCD-ROMの違いは、音楽のデータが記録されているか、パソコン用のデータが記録されているかということだけ。どちらも裏面にピットと呼ばれる小さな突起が並んでいて、その突起の長短がデジタルデータの「0」と「1」を表している。それをレーザー光線で読み出す。

 そのため、パソコンのCD-ROMドライブで音楽CDを再生することができる。ただし、音楽CDのプレーヤーにパソコン用のCD-ROMを入れて再生すると、ものすごい雑音が出て壊れることもあるというから止めておこう。ビデオCDも、同じ方式で映像を記録したもの。

 一方、データの書き込みが可能なCD-R/RWは記録方式が少し違う。レーザー光線を当てて表面に焦げ目のようなものを作り「0」と「1」を記録していく(「焼く」を参照)。そのため、専用ドライブが必要だ。そして、CD-Rに記録したデータは普通のCD-ROMドライブで読めるけど、CD-RWの方は専用ドライブでないと読めない。


 なお、銀行の現金支払い機もCDというけど、この場合はキャッシュ・ディスペンサーの略。このほかにもCDという略語はけっこうあって、業界によっていろいろな意味で使われている。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top