用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CCD】

  • シーシーディー

 光を感じて、それを電気信号に変換する電子部品。いわば電子の眼。スキャナやデジタルカメラのように、パソコンに画像を取り込むための機器に使われている。普通のビデオカメラにも使われている。

 CCD は、Charge Coupled Device の略で、日本語では「電化結合素子」ともいう。

 CCDには、光を感じ取る小さな眼のようなものがたくさん並んでいて、ちょうどトンボの眼のような感じ。そして、ひとつひとつの小さな眼にあたるものを画素と呼ぶ。そして基本的には、画素数が多いほど精細な画像を得ることができる。

 デジタルスチルカメラに使われているCCDは、画素数がどんどん増えている。ただし、実際に写真を撮るとき、すべての画素がつかわれるわけではない。この点については、総画素数と有効画素数のページで。

 なお最近は、CCDの代わりにCMOSイメージセンサーという部品を使ったデジタルカメラも増えている。また、CCDの代わりにCISという部品を使ったスキャナもある。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top