用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【CAPTCHA】

  • キャプチャ

 たとえば、無料のウェブメールを申し込むとき、最後の方に歪んだ英数字が書かれた画像があって、その文字を入力するよう促されることがある。これが、CAPTCHA(キャプチャ)だ。

 ほかにも、いろいろなネットサービスの登録で、同じような手続きを経験することがある。なんで、こんなことをするのだろう。

 一方的な広告メール、いわゆるスパムを送るとき、無料のウェブメールから送信されるケースが多い。しかし、一定時間に送信できるメール数に制限があったりするので、大量に送るにはたくさんのメールアドレスが必要だ。

 そのためスパム業者は、ロボットと呼ばれるプログラムを使って自動的に大量のアドレスを取得しようとする。人間が手作業で手続きするのではなく、プログラムが必要事項を記入しては繰り返し新しいアドレスを取得する。CAPTCHA は、これを防止する方法として考え出された。

 人間は、文字が歪んでいても認識できる。しかし、コンピュータが歪んだ文字を認識するのは難しい。そのため、歪んだ文字を正しく入力できれば人間が手続きしていると判断する。ちなみに、歪んでない文字は OCR という技術を使うとコンピュータでも高い確率で認識できる。

 ウェブメール以外のネットサービスでも、悪意のある者が自動的に大量の ID を取得するのを防ぐために CAPTCHA を使っている。

 歪んだ文字以外の CAPTCHA として、正しい写真を選ばせる方法や、音声を使う方法もある。

 CAPTCHA は、Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart の略で、日本語では「コンピュータと人間を区別する完全に自動化された公開チューリングテスト」といわれる。

 チューリングテストは、1950年にアラン・チューリングという人が発表した、ある装置が人工知能と呼べるくらい知的かどうか判定するテスト。CAPTCHA の場合、人間かどうか判別するため、逆チューリングテストだという意見もある。

 なお、パソコンの画面や動画を画像として取り込むこともキャプチャというけど、これは元の意味が違う。

Cの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top