用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【802.1X認証】

  • IEEE802.1X認証

 コンピュータ・ネットワーク(LAN)にパソコンを接続する際、そのパソコンを接続していいか認証(確認)する仕組み。正式には IEEE802.1X認証というが、802.1X認証と略されることもある。

 IEEE802.1X という名称から無線LAN の認証技術のような印象を受けるかもしれない。しかし実際は、無線LAN でも有線LAN でも使われている方式だ。

 たとえば小規模な有線LAN だと、LANケーブルを使ってハブ等にパソコンを接続するだけで自動的に LAN を利用できることが多い。つまり、誰でも、どんなパソコンでもつなげば使える状態で、これはセキュリティ上、かなり危険な状況といえる。

 そこで、接続するパソコン内にあらかじめ認証用の専用ソフト(サプリカント)を組み込んでおいて、接続したとき認証サーバーに接続許可を求める。そして許可が出たら、LANスイッチや無線LAN のアクセスポイントのポートを開いて通信できるようにする。

 認証できなかった(接続の許可を確認できなかった)際は、LANスイッチや無線LAN のアクセスポイントのポートを閉じて通信を遮断する。これが、IEEE802.1X認証の仕組みだ。

 なお、認証には RADIUS と呼ばれる技術(プロトコル)が使われることが多い。そのため、IEEE802.1X認証の認証サーバーを RADIUSサーバーと呼ぶこともある。

8の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top