用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【2段階認証】

 インターネット上の各種サービス(ウェブサービス)を利用する際に、通常の ID とパスワードに加えて、もうひとつ本人確認の要素を増やすことによって安全性を高めること。その技術や方式。

 代表的な方法として、ログイン画面で ID とパスワードを入力すると、事前に登録しておいた携帯電話に SMS(ショートメッセージ)や電子メールで 1回だけ有効なパスワードや数字が送られてくる。それを追加入力すると、そのサービスにログインできるという方式がある。

 SMS の代わりに音声通話でパスワード(数字)を受け取ったり、あらかじめ USBメモリーに 2番目のパスワードに相当するデータを入れておいて、それをパソコンに挿すことで本人確認するといった方法もある。

 いずれにしても、ID とパスワードを知っているということに加えて、登録された携帯電話、またはログインに必要なデータを記録した USBメモリーを持っていることが本人確認のカギになる。

 2段階認証の実例として、グーグルが採用している 2段階認証プロセスがよく知られている。このほか、NTTドコモの dアカウントや、マイクロソフトの Microsoftアカウントなどでも利用できる。

 2段階認証を利用することで、誰かがあなたになりすまして勝手にウェブサービスを利用するリスクが大幅に減る。とはいえ、すべての機器で毎回、2段階認証を行うのは煩わしいと思うこともあるだろう。

 そのためサービスにもよるものの、常に信頼していい機器(たとえば自宅から持ち出さないパソコン)はこの機能を切ることもできる。そして、外部で使う機器だけ 2段階認証を行うよう設定することが可能だ。

 また、自分は 2段階認証を設定したサービスにログインしようとしていないのに携帯電話に 2段階認証用のパスワードが送られて来たら、他者が別の場所(機器)で不正ログインを試みていることになる。

2の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top