用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【10GbE】

  • 10ギガビット・イーサネット

 通信速度が10ギガビットと、非常に高速なイーサネット。

 イーサネットは現在、LAN(コンピュータ・ネットワーク)を組むために広く使われている規格。

 一般のオフィスや大学などでLANを組むときは、10Mbpsの通信速度に対応した10BASE-T、100Mbpsの通信速度に対応した100BASE-TX、1000Mbps=1Gbpsの通信速度に対応した1000BASE-Tといった規格が使われてきた。1000BASE-Tを Gigabit Ethernet(ギガビット・イーサネット)と呼ぶこともある。

 しかし、インターネット同士の接続ポイントである IX やデータセンターを結ぶには、より高速な回線が求められる。そこで開発されたのが 10GbE(10ギガビット・イーサネット)である。

 10GbE には、銅ケーブルを使ったものと光ファイバーを使ったものがある。

1の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top