用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【100BASE-TX】

 イーサネットに対応したケーブルやコネクターに関する規格。イーサネットは現在、LAN(コンピュータ・ネットワーク)を組むために広く使われている規格。

 LANを組むときは、各パソコンや機器を専用ケーブルでつなぐのが一般的。従来は、10BASE-Tという方式が多く使われていた。10BASE-Tは、電話線を少し太くしたようなツイストペアケーブルと、ハブと呼ばれる集線機器を使う。そのため簡単に、パソコンの追加や組み替えができる。

 しかし、10BASE-Tの通信速度は10Mbpsで、あまり速くない。パソコン数台のLANなら問題ないけど、LAN の規模が大きくなったり、インターネットがブロードバンドになったり、電子メールの添付ファイルが増えたり、といった理由で10Mbpsでは遅いという状況が増えてきた。

 そのため従来の10倍、つまり100Mbpsの通信速度に対応した100BASE-Tという規格が普及してきた。100BASE-Tにも複数の規格があって、中でも10BASE-Tと共通で使える100BASE-TXが多く使われている。100BASE-TX対応の機器は10BASE-Tの機能を兼ねていて、相手が100BASE-TXに対応していなければ自動的に10BASE-Tの方式でデータを送る。

 なお最近は、さらに高速なギガビット・イーサネットも登場している。これは、名前からも想像できるように1000Mbps=1Gbpsの通信速度に対応している。

1の一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top