用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【レイヤー3スイッチ】

  • L3スイッチ

 外部のコンピュータ・ネットワーク(LAN)と通信するためのルーティング機能を持ったネットワークスイッチ。実質的に、ルーターと呼ばれる機器にスイッチングハブの機能が付いた状態に近い。

 最近は、コンピュータ・ネットワークが大型化あるいは複雑化しているため、いわゆるハブではなくスイッチと呼ばれる装置を使うことが多くなっている。L3スイッチも、そうしたネットワークスイッチの一種。

 L3 は、OSI参照モデルのレイヤー3(レイヤ3)、つまり第3層のこと。そのため、レイヤー3スイッチ(レイヤ3スイッチ)ともいう。OSI参照モデルは、複数のコンピュータを相互接続してデータをやり取りするための仕組みを 7階層(レイヤー)に分類して定義したもの。

 OSI参照モデルのレイヤー3(第3層)は下から 3番目。現在、インターネットをはじめ多くのネットワークで標準的な方式として使われている IP という通信プロトコルは、この階層で定義されている。

 そして、IP に対応していると外部のネットワークとの相互通信が可能になる。また現在は、大規模なスイッチに接続された機器をグループ化して仮想的に複数の LAN として運用することもできる。この場合も、L3スイッチなら別のグループに分類された機器と通信が可能だ。

 なお、ルーター機能を持たないスイッチも多く使われている。この場合、同一LAN の中だけで相手を特定して通信することができる。そして、こうした機器は L2スイッチと呼ばれている

れの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top