用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リホスト】

 リホスト(Rehost)とは、古い情報システムが稼働しているホストコンピュータを、システムの内容を変えずに新しいハードウェアに変更すること。レガシーマイグレーションとか ITモダナイゼーションと呼ばれる作業の手法のひとつ。

 企業の情報システムの中には、何十年も使い続けられているものがある。今も、そうした古いシステムが残っているケースが少なくない。こうしたシステムは、さまざまな制約があるので新しいシステムに移行するのが望ましいと思っても、データの蓄積、業務手順の問題、コストなどを考えると一気に刷新するのは難しい。

 そこで、仕事の内容や手順などはそのままに、ハードウェアやソフトウェアなどを部分的に、あるいは順次、現在主流のものに置き換えて行く方法が取り入れられるようになってきた。

 リホストは、こうした手法のひとつで、古いコンピュータの中で稼働している情報システムを新しいコンピュータに移行する。あるいは、新しいコンピュータの中に古いコンピュータを仮想的に構築して動かす。

 より具体的には、メインフレームやオフコン(オフィスコンピュータ)と呼ばれる古いコンピュータを、オープンシステムと呼ばれる現在のサーバー等に換える。そのために、プログラムを修正したり、古いプログラムが稼働するようにエミュレータと呼ばれるソフトウェアを入れたりする。

 リホスト以外のレガシーマイグレーションや ITモダナイゼーションの手法としては、プログラムを現在主流の言語で書き直すリライト、新たなインターフェースを作って使い勝手をよくするラッピングなどがある。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top