用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リドキュメント】

 リドキュメントは、レガシーマイグレーションとかITモダナイゼーションと呼ばれる作業の手法のひとつで、古い情報システムのドキュメントを見直したり、新たに作り直したりすること。

 企業の情報システムの中には、何十年も使い続けられているものがある。今も、そうした古いシステムが残っているケースが少なくない。こうしたシステムは、さまざまな制約があるので新しいシステムに移行するのが望ましいと思っても、データの蓄積、業務手順の問題、コストなどを考えると一気に刷新するのは難しい。

 そこで、仕事の内容や手順などはそのままに、ハードウェアやソフトウェアなどを部分的に、あるいは順次、現在主流のものに置き換えて行く方法が取り入れられるようになってきた。リドキュメントも、こうした手法のひとつ。

 情報システムは複雑なプログラムの集合体。そのため、その定義や機能、構成などをドキュメント(文書)として残してある。しかし、繰り返し修正や追加作業が行われると、だんだんドキュメントの内容が複雑になってくる。あるいは、内容と実情にズレが生じてくる。

 そこで、レガシーマイグレーションとかITモダナイゼーションの初期の作業として、現在の情報システムの内容を見直して、適切なドキュメントを作り直すことがある。これを、リドキュメントという。

 実際のところ、リドキュメントは手間がかかる。特に、システム導入当時の技術者が既に現場を去って場合は解読が困難なケースが予想される。しかし、リドキュメントの作業を行うことで、システムの保守やITモダナイゼーションを進めやすくなる。

 その他のレガシーマイグレーションやITモダナイゼーションの手法としては、ホストコンピュータを新しいコンピュータに移行するリホスト、プログラムを現在主流の言語で書き直すリライト、新たなインターフェースを作って使い勝手をよくするラッピングなどがある。さらに、要件定義を変えずにハードウェアとソフトウェアを刷新するリビルド、業務内容から見直すリエンジニアリングといった方法もある。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top