用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ラップトップモード】

  • デスクトップモード

 ウィンドウズ8 以降で選べる画面操作の方式、あるいは画面表示方式のひとつ。

 ウィンドウズ8 が提供される前、ウィンドウズ7 まではマウスとキーボードを前提とした操作体系だった。それが、ウィンドウズ8 でタッチ操作を前提とした操作方式へ大きく転換された。

 しかし、タブレット端末ではなく従来型のパソコンでウィンドウズを使う人には、8 の操作体系は馴染みにくいものだった。

 そこでマイクロソフトは、従来型の 7 までのデスクトップ画面に近い操作画面を用意した。これを、デスクトップモードという。通常の 8 の画面で、左下のタイルをタップ(クリック)すると切り替えることができる。

 しかし、一見すると従来の画面に近くても、実際にはスタートメニューもなく評判が悪かった。そこで、8.1 ではスタートボタンの復活などが行われたものの、その対応は限定的でユーザーの支持は低かった。

 そのため、2015年7月から提供されたウィンドウズ10 では、従来型の操作体系も取り入れられた。

 しかし同時に、スマートフォンやタブレット端末で使う OS もウィンドウズ10 に一本化された。さらに、キーボードを脱着したりキーボード面を反転させたりしてノートパソコンとしてもタブレット端末としても使える2in1デバイスと呼ばれる機器も増えている。つまり、タッチ操作を前提とした8の操作体系にもニーズがある。

 こうした状況を受けて、パソコン向けウィンドウズ10では、タブレット向けの操作体系とパソコン向け操作体系を切り替えらるようになった。そして、タブレット向け操作体系の状態をタブレットモードという。これに対して、パソコン向け操作体系をデスクトップモードと呼ぶことがある。

 なおメーカーによっては、ウィンドウズ10のデスクトップモードをラップトップモードと呼ぶこともある。

 ウィンドウズ10で2つのモードの切り替えは、通知領域から手動で操作できる。あるいは、キーボードの脱着に感応して自動的に切り替えることも可能。

らの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top