用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【モバイルアプリケーション管理】

  • MAM

 モバイルアプリケーション管理(Mobile Appreciation Management)を略してMAMと表記する。モバイルは、スマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器のこと。アプリケーションは、いわゆるアプリと呼ばれるソフトウェアを指す。

 モバイル機器の急速な普及に伴って、私物のスマートフォンやタブレット端末を仕事に使うケースが増えてきた。これをBYOD(Bring Your Own Device)という。以前は、業務用の機器は会社が支給して私物の利用を禁止することが多かった。しかし最近は、利便性やコスト削減の観点からBYODを認める企業が増えている。

 この場合、特に問題となるのが私物端末(機器)からの情報漏えいだ。この対策として、利用されている技術、方式、あるいは考え方のひとつとしてモバイルアプリケーション管理(MAM)がある。

 端末の内部を私用の領域と業務用の領域に分けて、仕事に使うアプリは業務用の領域に置く。そして、2つの領域で情報やデータのやり取りが出来ないようにするのが基本。

 具体的には、2つの領域間でデータのコピーや移動を禁止する。あるいは、私用領域で受信した電子メールの添付ファイルを業務領域のアプリで開くことができないようにする、といったことができる。

 こうした方式を、ラッピング方式とかコンテナ方式という。業務用アプリをラッピングする(包む)、あるいはコンテナに格納するといったイメージ。

 より発展的なものとして、業務用のアプリや情報をすべてサーバーに置いて、ユーザーのモバイル機器には画面情報だけを表示する方式もある。これなら機器内にデータが残らないので安全性は高い。ただし、データ送受信に支障がでない通信環境と、モバイル機器の小さな画面に合わせた表示方法が必要となる。

 なお、BYOD対策として、機器全体を管理して紛失時には全体をロック(使用不能に)したりデータを遠隔消去するMDM(モバイルデバイス管理)という方法もある。ただし、この場合、私用領域までロックや消去されてしまうという問題がある。

 逆に、アプリ単位ではなく情報(コンテンツ)単位で対応するMCM(モバイルコンテンツ管理)という方法もある。

もの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top