用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マニュアルホワイトバランス】

 デジタルカメラに搭載されている、正確にホワイトバランスを取るための機能。これによって白いものが白く写り、ほかの色も実物に近い発色を得ることができる。

 できたら先に、ホワイトバランス、オートホワイトバランス、プリセットホワイトバランス、色温度といった項目を見てほしい。

 一般のデジカメユーザーは、オートホワイトバランスのままで使っていることが多いだろう。ある程度、使いこなしている人でもプリセットホワイトバランスまでだと思う。

 しかし、プロや上級者向けのデジタルカメラには、たいていプリセットホワイトバランスに加えてマニュアルホワイトバランスの機能が搭載されている。

 ホワイトバランスとは、撮影時の光の中で、どの色温度をカメラにニュートラルな色(白やグレー)と認識させるか、ということだ。そのため撮影現場で、「この色を白とします」とカメラに認識させる。

 具体的には、マニュアルホワイトバランスの設定手順の中で、白い紙や壁を撮影して、それを白とするよう指定する。もちろん撮影現場が変わったら、またマニュアルホワイトバランスの作業をやり直して正しいホワイトバランスを設定する必要がある。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top