用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【マイクロコンバージョン】

 インターネット上の商業サイトで、そのサイトの目的が成約するすることをコンバージョンという。そして、サイト来訪者のうち何人の成約を得られたか、その割合をコンバージョン率という。

 たとえば通販サイトでは、顧客が実際に商品を購入(注文)することがコンバージョンになる。有料の情報提供サイトでは、サイト閲覧者が会員登録することがコンバージョンになることが多い。

 しかし、商品やサービスにもよるけど、いきなり高額商品を買ったり有料情報サービスに登録する人は多くない。サイト訪問者から成約率を割り出すと、かなり低い数字になるだけでなく、どうしたらコンバージョン率を上げられるのか見極めるのも難しい。

 そこで、最終コンバージョンに到達するまでに、いくつかの中間ポイントを設置して、それぞれの段階でコンバージョン率を確認する手法が使われるようになってきた。この中間ポイント、あるいは中間ポイントまで到達することをマイクロコンバージョンという。

 たとえば通販サイトなら、トップページやランディングページの次に、商品詳細ページを見て、注文フォームを開いて記入し、最後に注文ボタンを押すといった流れが一般的だろう。このとき、詳細ページが見られたこと、注文フォームが開かれたことなどがマイクロコンバージョンになる。

 そして、詳細ページを見ている人は多いのに注文フォームへ行く人が少ないなら、説明内容に魅力がない、あるいは注文フォームへの進み方が分かりにくい、といった課題が考えられる。そして、それを改善することで最終的なコンバージョン率を上げることができる。

まの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top