用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ベアメタルクラウド】

  • ベアメタル
  • ベアメタルサーバー

 IT の世界でベアメタル(Bare Metal)というと、2つの意味がある。

 まず、OS(基本ソフト)などのソフトウェアを組み込んでいない(インストールしていない)ハードディスクやコンピュータのこと。もちろん、このままでは用をなさない。「むき出しの金属装置」といったニュアンス。

 もうひとつ、仮想サーバーやクラウドサービスといった分野でもベアメタルと呼ばれる方式が広まっている。

 従来、仮想サーバーは次のような階層になっていた。

 まず、物理的なサーバーがあって、そのサーバーを動かすための OS がインストールされている。その上に、仮想サーバーを構築するためのソフトウェアを入れる。こうして出来た仮想サーバーに、仮想サーバー内で利用する OS をインストールする。

 この方式で、物理サーバー(とその OS)の上に複数の仮想サーバーを置いて運用できる。そして、多くのクラウドサービスが、この方式で提供されてきた。

 しかしこの方法だと、仮想サーバーと物理サーバーOS との間で、データの送受信に僅かな遅れが発生することが多い。また、他の仮想サーバーの稼働状況によっては、自分が使っている仮想サーバーの処理速度に影響が出ることもある。

 そのため、大元の物理的なサーバーに OS を入れないで、代わりにハイパーバイザーと呼ばれる特殊なプログラムを組み込んで、その上に直接、仮想サーバーを構築する技術が普及してきた。これを、ベアメタル方式という。

 そして、この方式で提供されている仮想サーバーをベアメタルサーバーといって、ベアメタルサーバーで提供されているクラウドサービスを一般にベアメタルクラウドという。

 ただし、仮想化していない物理サーバーを使ったクラウドサービスをベアメタルクラウドというケースもあって、その概念や解釈があいまいになっていることがある。

への一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top