用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ブロードキャストストドメイン】

 コンピュータ・ネットワーク(LAN)の中で、接続されているすべての機器に一斉に同じ情報を送ることをブロードキャスト(一斉同報通信)という。ブロードキャストドメインは、このブロードキャストが到達する範囲。

 1台のリピーターハブで数台の機器をつないでいるなら、その全体がブロードキャストドメインになる。また、LANスイッチやブリッジと呼ばれる機器で、そのまま複数のネットワークを接続した場合も、その全体がブロードキャストドメインになることが多い。

 一方、複数のネットワークをルーターで接続していると、ドメインが異なるため別々のネットワークになる。また最近は、物理的な機器ではなく LANスイッチ等の設定で実質的にネットワークを切り分けることもできる。こうした場合は、それぞれのネットワークの範囲がブロードキャストドメインになる。

 こうした設定が特に影響してくるのは、ブロードキャストストームと呼ばれるトラブルが発生したとき。ネットワークの中に複数の LANスイッチやブリッジがあってループ(環)状になっていると、その中をデータが回り続けて帯域を使いきり新たな通信ができなくなる。

 こうした事態が発生したとき、影響を受ける範囲を限定して、できるだ被害を小さくするには、ブロードキャストドメインを小さくしておくことが有効とされる。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top