用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【フルスクラッチ開発】

  • スクラッチ開発

 情報システムやソフトウェアを作るとき、既存のプログラムを使わず新たに作成することをスクラッチ開発という。特に、既存のプログラムをまったく使っていないことを強調するときはフルスクラッチ開発という。

 ソフトウェアの開発というと、英語の略語のようなプログラム言語をキーボードから入力する姿を思い浮かべる人がいるかもしれない。もちろん今も、そうした作業はあるものの、まったくゼロから手作業で入力していくケースは少ない。

 たとえば企業向けの情報システムも、多くは基本的な機能や構成が決まっていて、各企業の使い方に合わせてメニュー項目を変えたり、不要な機能を削ったり、逆に機能を追加したりして使用されている。つまり、カスタマイズと呼ばれる作業を行って導入しているケースが多い。

 事業内容に合わせて新たに情報システムやソフトウェアを開発するときも、たとえばデータベースや入力画面、他のプログラムと連係させる部分などは、既にあるプログラムを部品のように組み込むことが多い。

 これに対して、既存のプログラムを一切使わないで、全体の構成から細部に至るまで新たに作り上げて行くのがスクラッチ開発あるいはフルスクラッチ開発と呼ばれる方式だ。

 スクラッチ開発の場合、本当にその会社の業務に合った情報システムやプログラムを作れる可能性が高い。その反面、開発に手間と時間がかかり、当然それはコスト要因になる可能性が高い。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top