用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ネットワーク仮想化】

  • SDN

 SDN は、Software-Defined Networking の略で、あえて日本語にすると「ソフトウェアで定義されたネットワーク構築」といった感じ。

 SDN のことをネットワーク仮想化ということもある。しかし、ネットワークの仮想化は SDN の一部とされるケースもある。また、そもそも SDN自体、特定の技術名でも固定的な定義があるわけでもない。

 いわゆるコンピュータ・ネットワーク、あるいは通信ネットワークは、ますます巨大化して複雑になっている。物理的に接続されていて端末の数を把握できる LAN だけでなく、クラウド上のサーバーやストレージ、仮想システムに接続するケースも増えている。

 また、商用データセンターや大手SNSサービスなどでは利用者数もアクセス数も膨大で、従来の固定的なネットワークの概念では対応しきれない状況が生まれている。

 そのため、物理的に構築されたネットワーク(LANなど)を分割して利用したり、逆に複数のネットワークを統合したり、ネットワークをまたいで仮想的な LAN を作るといったニーズが増えてきた。たとえば、ひとつの LAN を分割する技術としては VLAN があるし、遠隔地の LAN を相互接続する技術として VPN などがある。

 SDN は、こうしたことを専用のソフトウェアを使って一括設定、一括管理しようという考え方、あるいはその技術を指すのが一般的。また、こうした技術を使って設定・管理・運用されているネットワークを SDN ということもある。

 サーバーやストレージは、クラウド・コンピューティングによって必要に応じて柔軟に利用できるようになってきた。しかしネットワークは、物理的につなぎ替えたり、手作業で設定変更するといった労力を伴うことが多かった。

 しかし、SDN の普及でネットワークの設定変更も操作画面から容易に実行できるようになり、管理者の負担を減らすことができる。これを実現する方法として、OpenFlow などの技術がある。

ねの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top