用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ソフトウェア・デファインド・ストレージ】

  • SDS

 ソフトウェア・デファインド・ストレージ(Software Defined Storage)を略して、SDSと表記することが多い。デファイン(Define)は「定義する」という意味で、ソフトウェア・デファインド・ストレージは「ソフトウェアで定義された記憶装置」といった意味になる。

 IT の普及と利用拡大に伴って、必要とされる記憶装置(ストレージ)の容量がどんどん増えてきた。そのため多くの企業が、今後の需要を見越して容量を多めに確保してきた。その結果、あっちこっちの記憶装置に空き容量が分散する状況が生じている。

 そこで、分散している記憶装置をソフトウェアで管理して全体を大きな記憶装置として定義、使用効率を高めて行こうという考え方が広まってきた。これを具体的なサービスとして提供するのが SDSと呼ばれるもので、そのメリットは大きく分けて 3つある。

 まず、社内(組織内)で利用しているストレージ全体の利用状況や空き状況を把握して管理できるようになる。これは、システム管理者にとってメリットが大きい。

 次に、使われていないストレージや容量を効率的に利用できるため、ITコストを削減できる。特に今は、必要な容量の増加に対して予算が追いつかない企業が多いといわれている。したがって、経営面でもメリットがある。

 最後に、使用頻度の高いデータや重要なデータは、より新しくてアクセス速度が速く、信頼性の高い記憶装置に保存して、使用頻度の低いデータは古くて速度の遅い装置に保存するといったことが可能になる。これは、実際に使用するエンドユーザーのメリットになる。

その一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top