用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【コンテナ型仮想化】

 コンピュータは、一組のハードウェアと基本ソフト(OS)を組み合わせた状態で動くのが基本で、その上で目的に応じたアプリケーションソフトを使うのが一般的な使用法といえる。

 しかし IT の進化とともに、1台のコンピュータの中で複数の基本ソフトを動かして、あたかも複数のコンピュータのように使うケースが増えてきた。このような使い方を実現する技術として仮想化がある。

 仮想化の方式として一般的なのが、本来のハードウェアと本来の OS(ホストOS)の上に仮想的なコンピュータを構築する方法。あるいは、ホストOS の代わりにハイパーバイザと呼ばれる専用ソフトウェアを入れて、その上に仮想的なコンピュータを作ることもある。

 いずれにしても、これらの方法は仮想コンピュータのハードウェア(CPU、メモリー、ハードディスク等)をソフトウェアで代行するので、ハードウェア仮想化という。この方式は、どうしても動作が遅くなる。

 そこで、従来のハードウェア仮想化とは違った方式として、コンテナ型仮想化と呼ばれる方式が使われるようになってきた。コンテナ型仮想のことを OS仮想化ということもある。

 ハードウェア仮想化の場合、ホストOS とゲストOS(仮想化されたコンピュータの OS)が別々に存在する。複数の仮想コンピュータを作る場合は、その仮想コンピュータの数だけゲストOS を必要とする。

 一方、コンテナ型仮想化の場合、OS はホストOS ひとつだけ。その上にコンテナと呼ばれる専用領域を作り、その中で必要なアプリケーションソフトを動かす。ひとつのコンテナから別のコンテナの中を見たり、別のコンテナにアクセスすることはできない。

 コンテナ型仮想化では、ホストOS が自分専用の OS のように見える。しかし実際には、複数のコンテナ(アプリケーション)がホストOS を共有しているカタチ。それでも、ソフトウェアでハードウェアを代行する方式より起動も動作も速くなる。

 代表的なコンテナ型仮想化ソフトとして、リナックスに対応したDocker(ドッカー)がある。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top