用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【クラウドソーシング】

 インターネット上の専門サイトなどを通じて、不特定多数の人に向けて仕事を依頼すること。あるいは、そういった仕組み。

 従来、企業が自社の中核事業に専念するために周辺業務を外部へ委託することをアウトソーシングと呼んできた。この場合の委託先、つまり「アウト」は特定分野に強い企業や専門家となる。

 一方、クラウドソーシングの「クラウド」は英単語の crowd で、「群衆」とか「大勢の人」といった意味で、必ずしも専門家とは限らない。また、仕事を委託する相手が個人ということが多い。

 具体的には、発注元となる企業がクラウドソーシングの仲介サイトに募集する仕事を掲載する。それを見た人が、自分のスキルや希望にあった仕事に応募して受注する。そして多くの場合、電子メールやネット上の無料通話サービス等によるやり取りだけで業務が進められる。

 仕事の内容は、プログラミング、ウェブ制作、ライティング(文章執筆)、デザイン、翻訳など、個人的スキルに基づくものが多い。あるいは、特定のデザイン案やアイデアを募集して、採用者だけに謝礼が支払われるコンペ形式の依頼もある。

 なお、クラウドコンピューティングの「クラウド」は英単語の cloud で「雲」という意味。カタカナにすると同じ「クラウド」でも、クラウドソーシングの場合は意味が異なる。

くの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top