用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アパッチアント】

  • Ant
  • Apache Ant

 Apache Ant(アパッチアント)は、アプリケーションソフトを作る際に使われるビルドツールと呼ばれる特殊なソフトウェアのひとつ。単に Ant と呼ばれることも多い。

 ただし、ANT と大文字で表記した場合は、近距離無線通信の規格(プロトコル)を指すのが普通だ。別のページで解説しているので、必要に応じて参照してほしい。

 現在のアプリケーションソフト開発は、まずソースコードと呼ばれるものを作って、それをコンピュータが実行可能なファイルに変換するのが一般的。この変換作業をコンパイルという。

 しかも、アプリケーションソフトの複雑化に伴って、複数のソースコードを組み合わせたり、一度コンパイルしたファイルを統合するといった作業を伴うことが多い。そのため、こうした作業を自動化するためにビルドツールと呼ばれる専用のソフトウェアを使う。

 Apache Ant は、Java というプログラミング言語で作られたビルドツール。そのため、Java が動く環境なら使うことができる。また、さまざまなプラットフォームに対応している。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top