用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【アカウントロック】

 アカウントは、ユーザー名やユーザーID で管理されている登録情報のこと。特に、IT の世界では、ほとんどのサービスがアカウントによってユーザー管理されている。

 アカウントを識別するためのユーザー名やユーザーID は、他人に知られていることが多い。そのため、ユーザー名やユーザーID とペアになるパスワードで他者の不正利用を防いでいる。

 それでも、悪意のある人が本人になりすまして不正利用を試みることがある。その際、よく使われる手法のひとつが、パスワードを類推して繰り返し入力することだ。手作業で入力するだけでなく、さまざまな言葉を次々と自動的に入力する専用プログラムが使われることもある。

 こうした方法による不正利用からアカウントを守るため、一定回数以上パスワードを間違えると、その機器やサービスを利用できなくなるように設定されていることが多い。これを、アカウントロックという。

 通常は、パスワードを3回くらい間違えるとアカウントがロックされて使用できなくなる。本人が間違えた場合も、ロックされる。たとえば、キーボードの「Caps Lock」がオンになっていることに気づかず大文字で入力してしまうといったケースがある。

 アカウントロックされた場合の解除法は、おおむね次の3種類。

 たいていの機器やサービスは、一定時間が過ぎると自動的にロックが解除されて、またパスワードを入力できるようになる。このとき正しいパスワードを入れれば再び利用できる。ロック解除までの時間は設定による。

 すぐに解除してほしい、あるいは自動的に解除されない場合は、その機器やサービスの管理者に連絡して解除してもらう必要がある。ウィンドウズで普段使っているユーザー名をロックさせてしまった場合は、管理者(アドミニストレーター)権限のあるユーザー名でログインして自分で解除することも可能。

 インターネット上のサービスなどでアカウントがロックされた場合、専用のウェブページ(入力フォーム)から管理者に連絡して解除してもらう方式になっていることが多い。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top