用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【電子納品】

 公共事業や公共工事の成果物を電子データで納品すること。調査、設計、工事などの各段階の最終成果を電子データで納品する。

 具体的には、ワープロソフトや表計算ソフトで作った各種書類、CAD で描いた図面、スケジュール管理ソフトで作成した工程表、デジタルカメラで撮影した工事写真などを、CD-Rなどに収めて発注元に納品する。こうした成果物をまとめて管理するための電子納品ソフトもある。

 電子納品を実施すると、ペーパーレスが進み成果物保管場所の省スペース化を実現できる、データを検索したり再利用できるので生産性が向上する、情報の伝達ミスや転記ミスが減り品質が向上する、といったメリットがあるとされる。

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top