用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【通常版】

 パソコンの世界では、市販ソフトに対して通常版という言葉を使うことが多い。

 ただし状況によっては、周辺機器やバラ売りの部品などにも通常版とそうでない製品があるかもしれない。その場合は、文字どおり「普通の製品」だと思って常識的に判断してほしい。

 さて、パソコン店のソフト売場へ行くと、同じソフトに2~3種類の値段が付いていることがある。箱をよく見ると、安いものにはバージョンアップ版とかアップグレード版、あるいはアカデミックパッケージなどと書いてある。

 それぞれ別のページで説明しているけど、バージョンアップ版やアップグレード版は同じソフトの古いバージョンを持っている人だけが買えるもの。アカデミックパッケージは学生や教職員だけが買えるものだ。

 一般のパソコンユーザーが初めて市販ソフトを買うときは、一番値段の高い通常版を買うことになる。つまり、これが本来の値段ということだ。もちろん、店によって多少のバラツキはある。しかし、通常版がほかのパッケージより安いことはまずない。

 通常版を買った人も、次からはバージョンアップ版(アップグレード版)を買うことができる。また、最初からパソコンに入っていた(プレインストールされている)ソフトの最新版を買うときもバージョンアップ版でいい。

 このほか、ライバル製品を使っている人に向けた乗り換え版があったり、期間限定のキャンペーン価格が設定されていることもある。そのため、通常版のソフトを買うケースはあまり多くない。

つの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top