用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【自社運用】

  • オンプレミス

 企業などが情報システムを構築・運用する際、その会社の中に、あるいはその会社の管理下にある建物の中に設置して管理する方式。

 オンプレミスの英語表記は on-premise で、premise には「建物」「構内」「店内」などの意味がある。オンプレミスのことを日本語で、「自社運用」とか「社内設置」ということもある。

 以前、オフィスコンピュータが企業の情報システムの主流だったころは、社内にコンピュータを置いて、社内の担当者が運用管理するのが普通だった。そのため、こうした方式に対して特に呼び方はなかった。

 しかし最近は、ASP} / SaaS やクラウドコンピューティングが普及して、社内に自前のコンピュータを置かないケースが増えている。そのため、これらに対する概念としてオンプレミスという表現を使うようになってきた。一方、外部のシステムを利用する方式は、まとめてオンデマンド方式と呼ばれることもある。

 オンプレミスは、単にコンピュータ(ハードウェア)が社内にあるというだけでなく、ソフトウェアも自社所有あるいは委託開発し、システム管理も社内で行うといった意味が含まれていることが多い。

 なお実際には、一部のシステムは従来どおりオンプレミスで、一部の機能やソフトウェアをオンデマンドで利用するのが一般的だろう。また、自社所有のハードウェアやソフトウェアをハウジング方式でデータセンターに預けたり、社内設備の運用管理を外部に委託したり、オンプレミスとオンデマンドの中間的な運用も行われている。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top