用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【統合脅威管理】

  • UTM
  • UTMアプライアンス

 UTM は Unified Threat Management の略で、日本語では「統合脅威管理」という。「統合型脅威管理」と呼ばれることもある。

 現在、企業ではインターネットなどのネットワークを通じて押し寄せてくる脅威に対抗するため、さまざまな防御策が不可欠になっている。具体的には、外部からの不正アクセス、ウイルスやワームなどの侵入、不正なパケットの検知、有害サイトのフィルタリングなどだ。

 従来、こうした対策は個別に行われていた。たとえば、不正アクセス対策はファイアウォール、ウイルス対策はウイルス対策ソフトといった感じ。しかし、これだと手間がかかる。システム管理者の負担が大きい。

 そこで、これらの機能を統合した専用の機器を用意して、それを外部のネットワークと社内ネットワークの間に置いて、1台で全部すませようということになった。これが、UTM だ。

 具体的には、UTM の機能を持った機器を導入・設置することになる。そして、この機器を UTMアプライアンスと呼ぶ。

 UTMアプライアンスの主な機能としては、外部からの攻撃から守るファイアウォール、ネットワークの入口でウイルス対策をするゲートウェイ型アンチウィルス機能、有害サイトへのアクセスをブロックするフィルタリング機能、仮想的なプライベートネットワークを利用するための VPN機能、不正パケットを検知して防御する IDS / IPS 機能などがある。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top