用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【統合業務パッケージ】

  • ERP

 これは、パソコン単体ではなく、主に企業のコンピュータ・システムやネットワークで使われているソフトの名前、というか種類。

 ERPは、Enterprise Resource Planning の略で「経営資源を(最も効率良くなるように)計画する」といった意味。本来は、経営手法を表す言葉。しかし通常は、ERPパッケージ=統合業務パッケージという意味で使われることが多い。

 企業では、かなり前から生産管理、販売管理、会計(財務管理)、人事・給与管理といった仕事にコンピュータを使ってきた。こうした、業種にかかわらず、どの会社にもある仕事を行うコンピュータ・システムを一般に基幹システムという。

 で、こうした基幹業務に必要な機能をまとめて提供している業務用ソフトを、統合業務パッケージという。

 たとえば販売管理システムと会計システムが別になっていると、それぞれ別々に販売実績や売上げデータを入力しないといけない。そうすると、手間がかかるばかりでなく、入力ミスも起きやすいし、データの更新にタイムラグ(時間差)も生まれてしまう。

 しかし、これらの機能がひとつにまとまっていれば効率がいい。販売データが自動的に売上げデータになって、担当した営業マンの実績データにもなって、生産計画にもフィードバックされたらとても便利だ。しかも、時間差がなく、生産部門でも営業部門でも経理部門でも、いつでも同じデータを見られる。

 ただし、初期の統合業務パッケージ(ERPパッケージ)は欧米で開発されたものをそのまま日本に持ち込んだため、日本のビジネス習慣に合わないという意見もあった。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top