用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【絞り優先AE】

 これは、コンピュータ用語ではなくカメラ用語。

 フィルムカメラでもデジタルカメラでも、一眼レフタイプにはこの機能が付いている。デジタルカメラの場合、コンパクトタイプでも高機能モデルだと付いていることが多い。

 フィルムカメラの場合はフィルムに、デジタルカメラの場合は CCD や CMOSセンサーに一定量の光を当てることで写真を撮る。これを、露出という。

 露出は、シャッターを開けている時間(シャッタースピード)と、レンズを通り抜けてくる光の量(絞り)の組み合わせで決まる。シャッターボタンを押すだけで撮れるカメラや、プログラムオートと呼ばれる機能は、シャッタースピードと絞りをカメラが自動的に決めてくれる。

 しかし、写真に詳しくなると、状況に応じて自分で絞り値を決めたいときがある。というのも、一般に絞りを開く(開放にする=数字を小さくする)と背景が大きくぼけて、絞り込む(数字を大きくする)と手前から奥までピントが合っているように見えるからだ。撮影意図によって、ピントがあって見える幅(奥行き)を絞りで調整できる。

 そこで、希望の絞り値を自分で設定して、それにあったシャッタースピードをカメラに決めてもらう方法(機能)を絞り優先AE という。AE は、Automatic Exposure の略で「自動露出」という意味。つまり、絞り優先AE とは、絞りを先に決めて自動的に露出を決定するということだ。

 通常は、カメラのダイヤルを A や Av と書かれた位置に合わせて希望の絞り値を設定、シャッターボタンを半押しにするとカメラが適切なシャッタースピードを決めてくれる。ただし、絞り込むとシャッタースピードが遅くなるので手ブレしやすくなる。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top