用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【秘密鍵】

  • 公開鍵

 たとえば、インターネットなどのコンピュータ・ネットワークを通じて情報を送るとき、途中で他人に見られても解読できないようにすることを暗号化という。暗号化については別のページで説明しているので、必要に応じて参照してほしい。

 電子メールなどのデータを暗号化したり、元に戻したりするために使う特殊なデータを「鍵」と呼んでいる。一般的には、暗号化するときと元に戻すときに同じ鍵を使う秘密鍵暗号化方式が知られている。

 しかし秘密鍵暗号化方式は、鍵を盗まれると解読されてしまうとか、連絡を取り合う相手の数だけ鍵を持たないといけないといった管理上の問題がある。そこで、公開鍵と秘密鍵を組み合わせた公開鍵暗号化方式という方法が考え出された。

 この方法は、一見めんどくさい感じがするけど、一度理解すると合理的な方法だと分かる。以下、あなたが自分の秘密鍵を持っている場合で説明しよう。

 秘密鍵は、あなただけが持っていて誰にも渡さない。それに対して、あなたの公開鍵は、たくさんの人に配布しておく。あるいは、誰でも簡単に入手できるようにしておく。

 そして、あなたが秘密鍵で暗号化したデータは、あなたの公開鍵でのみ復元できる。あなたの公開鍵で暗号化されたデータは、あなたの秘密鍵でのみ復元できる。具体的には、以下のようになる。

●あなたが他者にデータを送る場合
 あなたは自分の秘密鍵でデータを暗号化して、相手にデータを送る。相手は、あなたの公開鍵でデータを復元する。もし復元できなければ、途中で改ざんされたか、誰かがあなたの名前をかたって別の鍵で暗号化したデータを送ったことになる。

●あなたが他者からデータを受け取る場合
 データを送る人は、あなたの公開鍵を使って暗号化する。あなたは、そのデータを受け取って、自分の秘密鍵で復元する。公開鍵を持っていれば誰でも暗号化できるけど、復元できるのは秘密鍵を持っているあなただけ。そのためデータが守られる。もし復元できなかったら、別の鍵を使って暗号化した(他人宛の)データか、途中で改ざんされたデータということになる。

ひの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top