用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【省スペースパソコン】

 厳密な定義があるわけではないものの、小型で置き場所を取らないデスクトップパソコンを一般に省スペースパソコンという。

 かつては、普通の机にデスクトップパソコンを置くと、ほとんど全スペースを占領されてしまった。事務所のコストが高く、家が狭い日本では、これは大きな問題だった。こうした状況を背景に、省スペースを考えたパソコンが増えてきた。

 省スペースへのアプローチはふたつある。まず、パソコン本体を小型にして縦置きにしたもの。そしてディスプレイが CRT から液晶に替わったことで、さらに省スペースになった。

 もうひとつは、本体を小型にした上で液晶ディスプレイと一体化したもの。現在では、ほとんど液晶ディスプレイにしか見えないパソコンが多くなっている。デスクトップ型では、これが一番、場所をとらない。

 さて、省スペースは結構だけど問題もある。後から機能を追加しようとしても、ほとんどその余地がない。たとえば、拡張ボードを付けたいとか内蔵ハードディスクを追加したいと思っても、パソコン内部にそのスペースがないことが多い。

 したがって将来的にも、今の性能のまま使い続けることになる可能性が高い。あるいは外付けの機器を追加することになる。

 もちろん、ウェブサイトを見たり電子メールを送受信したり、オフィスソフトで文書を作るような用途なら問題ない。しかし、音楽やビデオの編集、ゲームなど趣味的な用途に使う場合は将来の拡張性を考えて、大柄なタワー型パソコンを選ぶ方法もある。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top