用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【相性が悪い】

 これは非常にやっかいな、そして腹のたつ問題だ。最近は少なくなったけど、パソコンを使っていて、原因はよく分からないけどトラブルが起きる、なんてときに「相性が悪い」の一言で片づけられて憤懣やるかたない思いをすることがある。

 現象としては、人間同士の相性の良し悪しと同じ。たとえば会社の同僚のA君とB君、どちらも特に性格が悪いわけではないのに、2人いっしょに行動するとトラブルを起こす。対処法としては、2人を別々にするしかない。こんなケース、あると思う。

 パソコンは、ユーザーから見ればひとつの製品だけど、実は世界中のいろいろな会社が作った部品の寄せ集め。もちろん個々の部品は一定のルールに基づいて、ほかの部品と上手くつき合っていけるように作るのだけど、なぜか C社と D社の部品をいっしょに使うとトラブる、といった現象が出てしまう。

 ソフトも同じような状況で、E社のソフトと F社のソフトを同時に起動するとフリーズするなんてことがある。そもそもウィンドウズや OS X(マックOS)も、ひとつのソフトではなく膨大なプログラムの集合体だ。そのため、その中の一部のソフトと相性が悪くてアウト、といったことが起こる。以前は、ソフトウェアに付随する READ ME という文章を読むと、確認されている不具合やその対処方法が書いてあることが多かった。

 こうした不具合が見つかると修正プログラムが配布される。機器の場合も、ドライバーソフトのアップデートで解決できることが多い。しかし、よほど大きな不具合でもない限り、メーカーが修正プログラムを送ってくれたり、手紙で知らせてくれることはない。今は、インターネットのホームページなどで情報を探し、自分で必要なプログラムをダウンロードしてインストールするのが普通だ。

 実際、腹がたつことが多いけど、メーカーに電話して怒鳴っても、ほとんどラチがあかない。そもそも何と何が原因になっているのか分からないことすらある。パソコンメーカーに電話して、さんざん苦情をいったけど解決しなかった問題の原因が、自分で買い足したソフトにあった、なんてこともある。

 とにかく、落ち着いて対処しよう。で、解決できなかったら、いずれ解決できるときまで、その機能を使わなければいいだけのこと。残念だけど。

 なお現在のウィンドウズは、Windows Updateという機能を使うと、比較的簡単に問題の確認と対策ができるようになっている。

あの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top