用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【直リンク】

  • 直リンク

 自分でウェブサイト(ホームページ)を作るとき、やってはいけないマナー違反のひとつ。一般に「ちょくリンク」ということが多いけど、「じかリンク」という人もいる。「直接リンク」や「直リン」というケースもある。

 あなたが自分のホームページを作って、そこにきれいな写真を載せるとしよう。このとき普通は、そのページの内容を記述した HTMLファイルと一緒に、写真のデータを同じサーバーに保存する。

 しかし今、他人のサイトや、無料の素材サイトに気に入った写真があるとしよう。この場合、まず、その写真を自分のサイトで使っていいか、という問題がある。だけど今回、そこは問わないで使用OK という前提で話を進める。

 このような場合、本来なら一度その写真を自分のパソコンに取り込んで、さらに自分が使っているウェブサーバーに転送して、自分のページに載せる。しかし実は、自分のパソコンやサーバーに取り込まなくても、その写真を自分のページに表示させる方法がある。

 ウェブページに写真を載せるとき、そのページの内容が記述されている HTMLファイルに、「どこから写真を持ってきなさい」という命令が書かれている。そして持ってくる先は、必ずしも自分のパソコンやサーバーでなくてもいい。

 「インターネット上のここに写真があるから、それを持ってきて掲載しなさい」という命令も可能だ。そうやって表示された写真も、自分のパソコン/サーバーから呼び出された場合も、見る人にとって違いはない。

 このように「自分のパソコンやサーバーの中じゃなく、インターネットのここにある写真を持ってきて貼り付けてね」という命令を、直リンクという。あるいは、その写真がどこにあるか記述した URL や、こうした行為を直リンクという。

 これは、自分にとってはラクでいい。しかし、直リンクされた側は、他人のウェブページに写真を表示するためにムダにアクセス数が増えて、サーバーや回線に負担がかかる。だから直リンクは、嫌われたり禁止されていることが多い。

 写真だけでなく、イラストなどの画像や音楽データなども同じだ。

 なお、掲示板などで、そのサイトの外へリンクを張ることを直リンクということもある。あるいは、あるサイトのトップページではなく中の方のページにリンクを張ることを直リンクというケースもある。これらは、直リンクの間違った解釈だという人もいるけど、こうした意味で使われることもあるので気をつけよう。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top