用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【登録型】

  • ディレクトリ型

 インターネット上で提供されている検索サイトの方式を表す言葉。ディレクトリ型でも登録型でも意味は同じ。

 ディレクトリ型(登録型)の検索サイトは、その名のとおり人間が登録作業を行っている。大手では、ヤフー(Yahoo!)がこのタイプだ。ヤフーに登録を申し込むと、ホームページの内容を確認したうえで登録してくれる。

 この他に、ロボット型の検索サイトがある。こちらはロボットと呼ばれるプログラムが世界中のWebサーバー(ホームページのデータを保存してあるコンピュータ)を巡回して、そのデータを自動的に収集している。

 こうした違いから、ディレクトリ型は検索結果は少ないものの、比較的信頼性の高い結果が得られる。たとえば、会社名や製品名で検索すると公式サイトへ行き着く可能性が高い。

 反面、登録ページ数はロボット型にかなわない。そのため最近は、ロボット型の検索サイトと提携して、検索結果が0件の場合は自動的にロボット型サイトに引き継ぐといったサービスも行われている。

 とはいえ、大手検索サイトでは、たくさんの検索結果(件数)が得られることが多い。そのため、AND検索とかOR検索といった検索方法にも対応している。

 大手検索サイトのほか、分野を限って小規模な登録サービスを行っているサイトもある。実質的にリンク集に近いものだ。これらもホームページの作者が手作業で登録しているので、ほとんどディレクトリ型サービスといえる。

との一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top