用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【液晶ディスプレイ】

  • LCD

 主にノートパソコンで使われてきた薄型のディスプレイ装置。

 現在は、デスクトップパソコンも液晶ディスプレイが主流になっている。一般のデスクトップパソコンに接続するために、単体で売られている液晶ディスプレイもある。

 また最近では、液晶パネルを使ったフラットテレビも増えている。

 液晶のことを英語で liquid crystal という。そのため液晶ディスプレイのことを、LCD(Liquid Crystal Display)と呼ぶこともある。

 パソコン用のディスプレイとしては、従来、CRTディスプレイが広く使われてきた。CRTディスプレイは、画像がきれいで動きのある画像にも強い。また、複数の解像度に対応できる。そのうえ、値段も安い。

 一方の液晶ディスプレイは、値段が高めなのが難点だった。ノートパソコンの値段が割高なのは、液晶ディスプレイの値段のせいともいわれてきた。しかし消費電力が少なくて、チラつきがないので目にもやさしい。

 液晶ディスプレイは、大きく分けてDSTNとTFTの2方式がある。また最近は、DSTNを改良したHPA液晶や、しくみを単純化した反射型液晶といった種類もある。

 液晶ディスプレイの大きさは、対角線の長さで○インチと表す。CRTディスプレイも同様に対角線の長さで大きさを表すけど、液晶の場合はディスプレイの隅まで表示できるので、同じインチ数のCRTディスプレイより実質的に一回り大きい。

 液晶テレビの場合、この実際に表示できる範囲をビジュアルサイズと呼んで、型番のあとに V を付けていることが多い。

 液晶ディスプレイの画素の密度を表すために、最近はppiという単位が使われることも多くなってきた。

えの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top