用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【歩留まり】

 製造した製品のなかの、良品の割合。不良品が少なければ「歩留まりがいい」という。逆に、不良品が多いと「歩留まりが悪い」という。そして、歩留まりが悪いと製造コストが上がってしまう。

 どんな製品に対しても使う言葉だけど、特に半導体部品に関して使うことが多い。現在の半導体は、とても微細な加工をしているので、わずかなホコリでも不良の原因になる。

 また、半導体部品は機械に組み込んで使うので、半導体部品に不良があると、それを使った機械の歩留まりも悪くなってしまう。

ふの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top