用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【業務継続マネジメント】

  • BCM

 BCM は Business Continuity Managemanet の略で、日本語では「業務継続マネジメント」という。

 大地震や大型台風などの自然災害、大火災、テロや戦争、サイバーテロといった事態が発生したとき、企業がいかにして業務を継続するか、いかに早く復旧するか、これは非常に大事なテーマである。そのために事前に作成しておく行動計画書を BCP という。

 BCP がしっかりしていれば、大災害が発生しても最低限の業務だけは継続して顧客への影響を最小限に抑えたり、大変な時期にもサービスが途切れないことで社会的信頼を高めたり、場合によっては災害前を上回る信用と実績を勝ち取れる可能性もある。

 しかし実際には、BCP に沿って的確に行動するための仕組みや心構えが必要だ。これを、BCM という。イザというときに備えて必要な準備を行い、原材料や資源を確保して、具体的な行動計画をチェックして管理する。

 こうした準備活動は、今や企業の社会的責任(CSR)のひとつとされている。もちろん企業だけでなく、政府や自治体でも BCM が必要だ。というより、一般企業より重要性が高いともいえる。

きの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top