用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【携帯メモリー編集ソフト】

 携帯電話機に登録してある電話番号などのデータを、パソコンで管理したり編集したりするソフト。この場合のメモリーは、いわゆる RAM などの記憶装置ではなく、登録してあるデータのこと。

 このソフトを使うメリットは、ふたつある。まず、電話番号のバックアップができること。よく電話する相手の番号は、携帯電話機に登録しているはずだ。しかし、電話機に登録しただけだと、なくしたり壊れたりしたとき番号が分からなくなってしまう。

 そのため、友達なら手帳などに番号を控える、仕事の相手なら名刺を整理しておくといった対策が必要になる。しかし、携帯メモリー編集ソフトを使うと、携帯電話機に登録した番号をパソコンに保存しておくことができる。イザというときは、これを携帯電話に戻せばいい。

 また最近は、携帯電話機に保存できるデータの種類が増えている。電子メールのアドレスや住所を携帯電話機に入力するのは、けっこうめんどくさい。携帯メモリー編集ソフトを使えば、パソコンの画面とキーボードで入力し、それを携帯電話機へ移すことができる。パソコン用の住所録ソフトとデータを連係できるソフトもある。

 最近の携帯電話機は、電子メール機能や着メロ対応は当たり前、写真や動画を撮って送受信できる機種も増えている。そのため、携帯メモリー編集ソフトも多機能化して、着メロ管理、電子メールの管理、画像管理などにも対応してきている。

 なお、携帯電話機によって登録できるデータの種類や保存方法が異なる。そのため、携帯メモリー編集ソフトを買うときは、自分の電話機に対応しているか確認が必要だ。

 なお、携帯電話機とパソコンとの接続は専用のケーブルを使う。パソコン側はたいてい USB だけど、携帯電話側は電話機によって異なる。自分が使っている電話機に対応したケーブルが付属したソフトを買おう。

けの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top