用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【定額制】

  • 従量制

 インターネットのプロバイダーや携帯電話のデータ通信などの、料金制度を表す言葉。定額制は、利用時間に関係なく毎月一定の料金を払う方式。従量制は、利用した時間や送受信したデータ量に応じて料金を払う方式。

 かつてインターネットの利用法は、主に専用線接続とダイヤルアップ接続に分かれていた。専用線の場合は回線の太さ(容量/通信速度)に応じた定額制になっている。

 ダイヤルアップ接続の場合は、いろいろな方式があった。定額制で使い放題のプロバイダーもあれば、1分単位で料金を加算していく従量制もある。

 実際には、一定時間まで定額制、それを超えると従量制ということが多く、これを定額従量制といった。たとえば、月1,000円で 5時間まで使えて、それを超えると 1分ごとに追加料金を加算するといった具合。たいてい複数のコースから、自分の利用状況に合わせて選べるようになっていた。

 現在は、ADSL や光回線などの普及で、電話回線を利用していてもダイヤルアップ接続ではない方式が増えている。そして、こうした時間制限のないサービスに合わせて、ほとんどのプロバイダーが定額制を導入している。

 ほかに、一定時間までは従量制で、その時間に達すると定額制になって金額が上がらない方式もある。これをキャップ制あるいは従量課金上限制という。

 

ての一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top