用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【地図ソフト】

 当初は、書店で売られている道路地図をパソコンの画面で見られる程度のものだった。地図のデータと、それを表示する機能(ソフト)が CD-ROM に収められていた。

 最近は、インターネットと連係することで、どんどん便利なサービスに変わってきている。まず、地図の閲覧だけならインターネットで無料でできる。しかも、縮尺を変えて見たり、住所や郵便番号で検索して該当する地域を表示したり、紙の地図では困難なことが簡単にできる。

 有料の地図ソフト(サービス)も、地図メーカーのサーバーにデータを保存しておいて、それをインターネット経由で利用する方式が出てきた。その結果、新しい道路や新しい建物をすぐに反映させることができる。また、旅館やレストラン、ガソリンスタンドやコンビニなどの情報を提供することもできる。気象情報を提供する地図ソフトも登場している。

 こうしたソフト、あるいはサービスは便利だけど、パソコン用だけでは大きな需要があるとはいえない。そのため実際には、カーナビにも利用されている。というか、カーナビで培われたデータや技術がパソコン向けソフトにもフィードバックされている。

 また、地図は外で使うことが多いもの。そのため、パソコンより PDA や携帯電話で使えるとさらに便利だ。すでに、こうしたサービスや対応機器が登場している。しかし、モバイル機器のデータ容量や通信速度の問題もあって、本格的な普及はまだまだといった状況。

 このほか、地図ソフトと市場調査などのデータを結びつけてビジネスに使う地理情報システムや、携帯電話などを使って現在地を確認する位置情報サービスといった利用法もある。

ちの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top