用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【全地球測位システム】

  • ジーピーエス
  • 全地球測位システム

 地球上のどこにいるか、人工衛星を使って正確に把握できる仕組み。GPS は、Global Positioning System の略で、日本語では「全地球測位システム」と呼んでいる。

 GPS の利用例としてよく知られているのがカーナビだ。今、どこを走っているか GPS で確認して、車の位置を地図上に表示している。

 このほか、パソコンや PDA に対応する(取り付けられる) GPS端末もある。この場合は、パソコンや PDA の画面に表示した地図ソフトの上で現在地を確認できる。あるいは、身につけて利用できる小型の GPS端末もある。この場合は、端末に記録した位置データをパソコンなどに移して、移動経路を表示したり確認したりできる。

 あるいは、営業用の車やトラックに GPS端末を付けて動きを監視したり、携帯電話に GPS機能を付けて迷子対策に使うといった例もある。このあたりの話は、位置情報サービスのページで。

 では、どうやって正確な位置を把握するのか。地球の周りには、たくさんの人工衛星が飛んでいる。その衛星から GPS用の電波を発信する。電波は、基本的には光と同じもので地球上どこでも瞬時に届く。しかし、厳密に計ると衛星からの距離に応じて少しずつ到達時間が変わる。

 GPSの端末は、最低3つの衛星から電波を受け取る。そして、その差を計算して地球上のどこにいるか、その位置(緯度、経度、高度)を割り出している。複雑なことをしているようだけど、今は携帯電話にも内蔵可能な小型のアンテナと部品で対応できる。

 このように、たくさんの人工衛星を使った大がかりな仕組みを実現するのは大変なことだ。GPS は、もともとアメリカが軍事目的で構築したもの。それが民間でも使えるようになって、カーナビの普及とともに利用が広まってきた。

 ただし当初は、民間用は、わざと精度が落とされていた。そのため、カーナビの画面上で実際とは違う道や、道のないところを走っているように表示されることがあった。

 その後、だんだん精度が上がって(民間利用に対する規制が緩和されて)、今は数メートルの誤差に収まっている。一般的な乗用車の長さが 4メートル程度なので十分に実用的な精度といえる。たとえば、大きな交差点のどっち側にいるか確認することも可能だ。

せの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top