用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【光学ファインダー】

 写真を撮るときにのぞく、カメラの左上あたりにある小窓のこと。ただしデジタルカメラの場合、光学ファインダーではなく電子ビューファインダーを採用している機種もある。

 光学ファインダーは、透明なガラスやプラスチックを通して、撮影する映像を確認できるタイプ。電子ビューファインダーは、なかが液晶画面になっている。

 従来は、光学ファインダーが当たり前だった。だから特に「光学」という必要もなかった。しかし、デジタルカメラの電子ビューファインダーが普及して、あえて区別されるようになった。

 単に光学ファインダーといっても、カメラによって仕組みが異なる。一眼レフカメラの場合は、レンズから入ってきた映像をそのまま光学ファインダーで見ることができる。したがって、ピント合わせも可能だし、レンズに付けたフィルターの効果を確認することも可能だ。

 レンジファインダーカメラの場合は、2つの映像のズレによって、光学ファインダーでピントを確認できるようになっている。

 安価なカメラだと、ほとんど枠の付いたガラスだけのこともある。この場合、近くのものほど、光学ファインダーから見た映像と実際に撮れる写真にズレが生じる。

この一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top