用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【使用許諾契約】

 ソフトを使う前に、ソフト会社(著作権を持つ人)と結ぶ契約。

 といっても普通は、いちいち契約書を交わすわけではない。ソフトのパッケージ(箱)に契約条項が書かれた紙が入っている。それに同意できない場合は、CD-ROMの封を切る前に返品すれば返金してもらえる。つまり、契約が成立しなかったことになる。

 同じ内容が、ソフトをインストールするときも画面に表示される。ここで「同意する」を選ばないとインストールできない。つまり、やはり契約が成立しない。

 最近は、インターネットのホームページなどからダウンロードして使えるソフトも増えている。この場合も、ダウンロードの前やインストールの前に契約条項が表示される。やはり、同意しないと先へ進めない。

 なんで、こんなことになっているかというと、ソフトを買うということはモノを買うのではなく、そのソフトを一定の条件の下で使う権利を得ることだから。ソフト会社は「この条件でよければ使ってください」と条件を提示する。そして、それに同意すれば使える。同意できなければ、そのソフトを使うことはできない。

 で、現実には、CD-ROMの場合もダウンロードの場合も、パソコンにインストールしたら同意したことになる。つまり、契約成立だ。

 使用許諾契約の主な内容は、まず1本のソフトを1台のパソコンで使うこと。ソフトの内容を勝手に変えないこと。他人に譲渡できるか。このソフトを使ってパソコンの調子が悪くなったり大事なデータが壊れても補償しない、といったところ。

 もちろん、ソフトによっては上記と異なるケースもある。たとえば、一定の条件の下でパソコン2台まで使えるソフトもあるし、複数台分まとめて使用権を買う方法もある。その場合は、そう書いてある。

 しかし冷静に見ると、なかなか厳しい内容だ。ソフト会社が違法コピーしているユーザーを告訴できるのも、プログラムに問題(バグ)があってもリコール問題にならないのも、この使用許諾契約があるため。一度、しっかり読んでみよう。

しの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top