用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【仮想移動体通信事業者】

  • MVNO
  • モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター

 MVNO は、Mobile Virtual Network Operator(モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)の略で、日本語では仮想移動体通信事業者と呼ばれている。

 携帯電話や PHS などの、電波を使った通信サービスを移動体通信という。移動体通信サービスを提供している事業者のうち、自社で回線や設備を持っている事業者(現在は実質的に主要携帯電話会社)を、MNO(Mobile Network Operator=移動体通信事業者)という。

 そして、MNO から回線や設備の一部を借りて通信サービスを提供している事業者を MVNO という。

 新たに移動体通信サービスを始めるには、大がかりな設備が必要になる。それ以前に、免許を取得したり電波の周波数を割り当ててもらったり、手続きも大変だ。しかも、免許の数は制限されている。

 一方、すでに移動体通信の事業を行っている会社(MNO)から設備を借りれば、独自のサービスを工夫して比較的簡単に新しい通信事業を始めることができる。たとえば、企業向けに付加価値の高い携帯電話サービスを MVNO方式で提供するといったことが可能だ。

 電話やデータ通信、インターネット接続など有線の通信サービスを提供する事業も、自社で回線や設備を持っている第一種事業者と、その一部を借りて事業を行っている第二種事業者がある。MVNO は、移動体通信版の第二種電気通信事業者と思っていいだろう。

かの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top