用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【一般加入電話】

  • 固定電話

 家庭や会社などで使われている普通の電話を固定電話という。いわゆるアナログ回線や、ISDN に対応した電話回線や電話機のことだ。一般加入電話と呼ぶこともある。

 固定電話といっても、もちろん壁や机に固定されている必要はない。昔はローゼット式といって壁から出た線と電話機が直結されていたけど、今はモジュラーケーブルを使って家の中やオフィスの中で、かなり自由に設置できる。

 あるいは、コードレスホンも普及していて、家やオフィスの中なら話しながら歩き回ることもできる。でも、コードレスホンは親機が固定電話なので、やはり固定電話の仲間だ。

 では、固定電話ではない電話は何があるかというと、携帯電話や PHS といった移動体通信がある。そして、たとえば普通の電話機から携帯電話へ電話をかけることを、「固定電話から移動電話への通話」などという。

 それと今後は、IP電話の普及も見込まれている。IP電話は、パソコンなどの機器を通じて使うもののあるけど、従来と同じような電話機で使えるものもある。今後は、一般の電話機と見分けがつかないものが増えるだろう。

 しかし、固定電話は従来の電話回線や交換機を通じて相手とつながる。IP電話は、IP技術に対応した通信回線やインターネットを通じてつながる。そのため、固定電話と IP電話は別モノとされている。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top