用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【一回だけ録画可能】

  • 1回だけ録画可能
  • コピーワンス

 従来のテレビ放送(地上波)は、ビデオテープに自由に録画することができる。そして、ビデオテープをコピー(ダビング)することもできる。

 しかし、BS/CS/地上波デジタル放送をデジタル方式で録画した場合は、一度しか録画できないケースが多い。これを、コピーワンス(copy once)といって、日本語では「1回だけ録画可能」と説明されていることが多い。

 ビデオテープをダビングすると画質が落ちる。しかし、デジタル方式で録画すると、何回コピーしても画質が落ちない。そのため、テレビ番組をデジタルコピーした海賊版DVDが流通したり、インターネットで誰でも見られるようにされる危険がある。これは、番組の著作権を持つ人にとっては大きな問題だ。

 そこで、デジタル放送の場合、コピー不可能(放送を見るだけで録画はできない)、コピーワンス(1回だけ録画可能)、コピー可能(回数の制限なし)を選んで放送できるようになっている。そして、多くのデジタル放送がコピーワンスを採用している。

 具体的には、HDD&DVDレコーダーを使っている場合、HDD(ハードディスク)か書き込み型DVD のどちらか一方に録画できる。しかしそれを、さらにダビングすることはできない。ただし、HDD に録画した番組を書き込み型DVD に移すことはできる。この場合、HDD の記録は消える。

 コピーワンスの番組を DVD に録画する場合、DVD のメディアが CPRM という技術に対応していないといけない。現在は、DVD-RAM と DVD-RW が対応している。DVD-R は対応していないので、コピーワンスの番組を録画できない。また、コピーワンスの番組を録画した DVD-RAM や DVD-RW を別のメディアにコピーしても、CPRM によって再生できない仕組みになっている。

 ただし、デジタル放送の番組でも、VHSビデオへの録画やダビングには制限がない。

 なお、2007年10月に、ダビング10 という新しいルールが発表された。これが普及すると、地上デジタル放送の番組を 9回までダビングできるようになる。

いの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top