用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ワープロソフト】

 パソコンで文書を作るためのアプリケーションソフト。

 パソコン用ソフトの中でも、最も一般的なものなので、みなさん知っていると思う。ただし、ワープロソフトは「文書を作るソフト」で、必ずしも「文章を書くソフト」ではない。この違いは、かなり重要だ。

 ワープロソフトの機能は、印刷する紙のサイズを決めたり、文字の種類や大きさを決めたり、1行の文字数や 1ページの行数を決めたりすること。あるいは罫線を使ったり、レイアウトをしたり、ほかのソフトで作った画像やグラフを取り込んだり。このようにして文書=書類を作る。

 パソコンで文章を書くときは、キーボードからカナを入力して漢字とカナの混ざった文章に変換していく。これはワープロソフトの機能ではなく、日本語入力ソフトが担っている。

 ただし、主要なワープロソフトには日本語入力ソフトが付属しているし、基本ソフトにも付属している。そのため日本語入力ソフトを、単体のソフトとして意識する機会は少ない。

 文章を書くソフトとして、ワープロソフトのほかにエディタがある。これは本来、プログラムを書くためのソフトだった。しかし、文章を書くにも便利なためライターや編集者に愛用者が多い。ただしレイアウト機能などはないので、文書にして印刷する場合はワープロソフトやレイアウトソフト(DTPソフト)に文章を移すことが多い。

 代表的なワープロソフトとして、ジャストシステム社の「一太郎」とマイクロソフト社の「ワード」(Word)がある。

わの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top