用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ローデータ】

  • Rawデータ

 Raw は英語で「生の」という意味。ナマ肉とかナマ魚というときの「ナマ」だ。で、Raw(ロー)データは、何も処理をしていない「生のデータ」という意味。

 一般のコンピュータ用語として使う場合は、文字通り「手を加えていないデータ」「元のままのデータ」と解釈すればいい。しかし今、Rawデータという言葉はデジタルカメラの分野で見聞きすることが多い。

 デジタルカメラで撮った写真は、画像データとして保存される。ほとんどの機種は JPEG という画像フォーマットで保存するけど、TIFF という方式を選べる機種もある。JPEG の場合、高画質か低画質か、画像サイズをどうするかといった設定もできる。さらに、ホワイトバランスやシャープネスの設定も可能だ。

 デジタルカメラは、レンズから入った光を CCD という部品(CMOSセンサーなど CCD 以外の部品を使う機種もある)で受け止めて画像データを作る。そして、その直後にカメラが自動的に指定された画像フォーマットに変換して保存している。

 ただし、一部の高性能デジタルカメラは、JPEG などの画像フォーマットに変更する前の、つまり撮ったままの画像データを保存することもできる。そして、このデータを Rawデータと呼んでいる。

 Rawデータの場合、それをパソコンに移しても、そのまま一般のグラフィックソフトで開くことができない。そのままプリンタで印刷することもできない。デジタルカメラに付属の専用ソフトを使って、パソコン上で JPEG などの画像に変換する必要がある。ちょっと面倒だ。

 しかし Rawデータで保存しておくと、後から必要に応じて JPEG にしたり TIFF にしたり、設定の違う画像データを作ったりできる。たとえば、ホームページに載せる場合は容量の少ない JPEG データに変換して、印刷する場合は画像が劣化しない TIFF に変換するといった使い分けが可能だ。

 あるいは、ひとつの Rawデータから、ホワイトバランスを太陽光にした画像、白熱電灯にした画像、曇りにした画像など複数の画像をつくってみて比較するといったこともできる。

 そのため、仕事でデジカメ写真を扱って人は、とりあえず Rawデータで撮影(記録)しておいて、あとで必要に応じて適切な形式に変換することが多い。

ろの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top