用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【ロム】

  • ROM

 記録されているデータを読み出すだけで、データを書き込めない記憶装置。Read Only Memory (リード・オンリー・メモリー)の略。見た目は、パソコンの中に入っている小さな部品。今は、家電製品や自動車にも入っている。

 これとは別に、電子会議室やチャットでも「ロム」という言葉を使うことがある。この場合の意味は、この文章の最後を見てほしい。


 ROMとよく似た用語に、RAMがある。これは、いわゆるメモリーのことでパソコンの電源が入っていれば、何度でもデータを書き込んだり読み出したりできる。しかし普通は、電源を切るとデータが消えてしまう(消えない種類もある)。

 一方のROMは、電源に関係なく記録されたデータが残っている。そのためパソコンのROMには、電源を入れたときパソコンを起動させるために最初に必要なプログラムが記録されている。かつてNECから発売されていたPC-98シリーズでは、日本語の表示に必要なデータを記録しておく部品としても使われてきた。

 データを書き込めないといっても、その部品を作るときはデータを記録しているわけで、より正確にいうと「あとで一般のユーザーが、データを書き換えたり追加できない」ということ。最近は、専用の装置やプログラムを使って書き換えられるROMもあるけど、普通のパソコンユーザーがこの作業をすることは少ない。

 普通のROMのほかに、CD-ROMやDVD-ROMというものもある。この場合のROMも意味は同じ。つまりデータを読み出すだけで、書き込むことができない。CD-ROMは「コンパクト・ディスク」という規格に則ったROMだし、DVD-ROMは「デジタル・バーサタイル・ディスク」という規格に則ったROMという意味だ。


 さて、電子会議室やチャットで使われるROMは、Read Only Member(リード・オンリー・メンバー)の略。自分は発言(書き込み)しないで、人の意見を読むだけの人を指す。特に電子会議室には、お互いに情報を提供しようという精神があるので、読むだけの人に対して多少の皮肉を込めて「ロム」と呼ぶことがある。

ろの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top