用語解説辞典

用語解説辞典 知りたい用語はここで検索

用語解説辞典トップに戻る

【リッチテキスト】

  • RTF

 文書ファイルの種類のひとつ。文字だけを記録するテキストファイルに機能を足して、文字の種類や大きさ、文字修飾、簡単な図表なども記録できるようにしたもの。RTFは、Rich Text Format(リッチテキストフォーマット)の略。

 ワードや一太郎といったワープロソフトで作った文書は、通常、それぞれの独自形式(フォーマット)で保存される。エディタの場合も、基本的には同じだ。こうした独自形式のほかに、どんな文書作成ソフトでも開ける形式としてテキストファイルがある。

 そのためテキストファイル形式は、ほかのソフトへ文書を移すとき使うと便利。データが軽いので、電子メールの添付ファイルとして送るときも通信時間が短くてすむ。その反面、文字と一部の記号類しか記録できない。レイアウトはもちろん、文字の種類やサイズの指定もなくなってしまう。

 そこで、マイクロソフト社がリッチテキストという形式を作った。これだと冒頭のように、ある程度の付加情報が記録される。ただし、リッチテキスト形式で文書を保存したり開いたりするには、この形式に対応したソフト(ワープロやエディタなど)が必要だ。

 とはいえウィンドウズなら、標準で付属しているワードパッド、マイクロソフト・ワード、ジャストシステムの一太郎などが対応しているので、リッチテキストの文書を受け取っても困ることはないだろう。

りの一覧に戻る

用語解説:下島 朗(株式会社エントラータ)監修

page top